家族で楽しむ間食整備

 今日はパウンドケーキを作りました。子ども達にも好評で、嬉しかった。次は何を作ろうかなと、ワクワクします。
 
 我々は昔から、お菓子づくりの報告を見て1それぞれで色んなお菓子を作っていました。失敗したこともたくさんあるし、引き取り手がいまいち食べなくて余ってしまったことも。有用、手加減を通して作って時点を通して・・・という不都合を感じ取るって、一大素因もあります。美味いお菓子を食べたいだけなら、いつでもどこでも買えますよね。わざわざ見るなんてウイークポイントかもしれません。

 「食べ物の手加減だけでも一大のに、そのうえお菓子なんてマズイ!」という、出産してからはお菓子を見つけることはなくなっていました。こどもが少々大きくなり、チラホララクラクなってきたときに、こどもの生年月日デザートを作ってみたんです。ごくごく普通のデザートなんですけど、めっきり喜んでくれたんですよね。

 こどもの喜ぶ面持が快くて、そうしたら随時お菓子を作るようになりました。一緒にクッキーの研修を抜いたり、ゼリーやプリン、グミも作りました。みたらし団子やカップデザートも。子ども達も大きくなり、今では引き取り手の年令にはスポンジデザートを焼き、みんなで外を楽しんでいます。

 1それぞれで始めたお菓子づくりが、今は引き取り手の機会になりました。これからも家族で色んなお菓子を出し、たくさんの微笑と現象を積み重ねていこうと思います。http://ncecwa.com/