感情を感じるやり方

ボクは、感情を覚えることが得意なみなさまです。当然、全てがわかると言うわけではありません。その時の面持、対談の機能、特色などを総合的に見てその人の日々との不一致や、その人が今日、何を求めて話しているのかをはかるのが取り柄です。
得意になった理由としては、ボクが口下手だからです。自分が話せない取り分、その人のテーマや気持ちを呼び覚ますためにはどうしたら良いかということを策するようになったので、取り柄になりました。
ただ反対を聞いてほしいのか、私のテーマが聞きたいのか、心配してほしいのか。その人の固有などにもよって、話し方や口調をも気をつけるようにしています。指摘アクセントが嫌いな個人には提案するサロン、肯定することを心がけています。相談してくる個人には、とことんその人の考えてることをしゃべれるように自分の話ではなく聴くことと、対談を促すように科白を繰り返したり相槌をうつなど。
なので、語れるように場所にも気をつけています。落ち着いて喋れる肝や少人数で喋れる肝、そうして水ものやミールを食べてリラックスしてしゃべれるようにしています。すっきりフルーツ青汁を楽天やAmazonより最安値でGET